myherbs’s diary

気軽に楽しんでいただけるハーブや薬膳を紹介していきます。

梅雨の季節の養生とおすすめハーブティー

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

今年は遅い梅雨入りとなりました。雨が続き湿度が高くなると、体が重だるくなり、気持ちも沈みがちになることも。気温も夏に向けてどんどん高くなり体力が消耗されて疲労が溜まってしまいます。

めまい、頭痛、だるい、首や肩のこり、むくみ、腰痛や手足のしびれ、気持ちが沈んでやる気が出ない、眠れないなどのメンタルの不調などが出やすい季節です。

しばらく続く梅雨を元気に乗り切るための養生と、おすすめハーブティーを紹介します。

漢方で考える梅雨の不調

漢方で考えると梅雨の過剰な湿気を「湿邪」と言い、体調不良の大きな原因と考えています。身体の中に湿が溜まると胃腸の働きが悪くなり、消化吸収が上手く行われずに疲労の原因になります。

過剰な湿により、水の巡りが悪く余分な水が身体に滞ることを「水滞」と言います。むくみやめまい、頭痛、倦怠感、吐き気や関節痛などの症状が出やすくなります。もともと水滞体質の方は特に注意が必要です。

水滞体質タイプチェック

□ むくみやすい

□ 体が重くだるい

□ めまいや立ちくらみを起こしやすい

□ 車酔いしやすい

□ 雨の日に具合が悪くなりやすい

□ 舌に歯の跡がついている

□ 下痢軟便になりやすい

梅雨の養生

冷たい飲み物は、消化器系の胃腸の機能を停滞させ、胃腸からの水はけを悪くする原因になります。蒸し暑いこの季節でも、冷たい飲み物はほどほどにしましょう。

エアコンが効きすぎている時は冷えに注意。首、手首、足首、お腹を冷やさないように気をつけましょう。寒暖差にも気をつけてください。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、じんわり汗をかいて余分な湿を出して心身ともにすっきりします。血行が良くなって、肩こりや腰痛にも効果的。

梅雨の晴れ間には、布団や部屋を乾燥させて湿をなるべく取り除きましょう。しっかり太陽の光を浴びて気分転換することも大事です。

胃腸の調子が悪くなりやすい梅雨時期は、胃腸の調子を整え、消化吸収力を上げる豆類や穀類、沈みがちな気持ちをすっきりリラックスさせる香りの食材もおすすめです。暑い夏本番に向けて栄養をしっかり摂りましょう。

おすすめ食材

水分代謝を促す

大豆、そら豆、小豆、さやいんげん、黒豆、ハトムギ、きゅうりなど

湿気や暑さに

とうもろこし、うなぎ、ヤマノイモ、なつめなど

気持ちをスッキリ

しそ、バジル、ミョウガレモングラスなど

冷えに

生姜、ニンニク、ネギなど

おすすめハーブティー

むくみに

緑茶:テアニンが含まれリラックス効果も。水出し茶もおすすめ

ハト麦茶:不要な老廃物を排出

リンデン:余分な水分や毒素を排出、気持ちが落ち着き、睡眠の質もあげます。

クミスクチン:腎臓のお茶とも言われ、沖縄で昔から飲まれています。

ドクダミ:昔からよく知られた健康茶、日本三大民間薬の一つ

黒豆茶アントシアニンも豊富、アンチエイジング効果も

胃の不調に

ペパーミント:胃の炎症を鎮め、抗菌作用もあり、気分転換にも

ジャーマンカモミール:胃の疲れや緊張をときほぐし肩こりや頭痛に、リラックスにも

疲労回復に

ハイビスカス:新陳代謝を高め、肩こりにも効果的。利尿作用が高くむくみも改善

マテ:飲むサラダと言われるほどビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富

沈みがちな気持ちに

セントジョンズワート:落ち込んだ気持ちに明るさを、サンシャインサプリメント

ローズ:明るく前向きな気持ちに

おすすめのブレンド

 

ハイビスカス&ローズ&ペパーミント

胃の不調があり、疲れが溜まって元気が出ない方に。

ルイボス&黒豆

市販のブレンドもあります。梅雨時期に毎日飲みたい。

緑茶&ペパーミント

すっきり爽やかな組み合わせ。高温多湿でイライラが続いた時に身体も心もスッキリ。

身体も気持ちも弱りがちな梅雨どきを元気に乗り切るために、お茶やハーブティーをセルフケアに取り入れてみてください。